ニュース・トピックス

HOME - ニュース・トピックス - 10/9中医協・傍聴レポート

10/9中医協・傍聴レポート

News & Topics報酬・制度

2019.10.09

本日の個別事項は「がん対策」「腎代替療法」「移植医療」の3つがテーマでした。医療課の説明および議論の一部を紹介しますと、「がん対策」では、平成30年度改定から末期心不全が緩和ケア診療加算の対象となったことを受け、他の緩和ケアに係る評価の見直しの必要性が論点に上がりました。「腎代替療法」は、新しい腎性貧血治療薬導入に伴う評価の見直しや、慢性腎臓病患者への移植を含めた腎代替療法に関する情報提供を推進するための評価の見直しなどが論点に上がりました。「移植医療」では、臓器提供施設や担当医の負担が大きいことを踏まえつつ、ドナーや家族の意向に沿った臓器提供を円滑に進めていけるような評価のあり方などが論点にあがりました。なかでも「腎代替療法」の議論の中で、透析患者数は約33万人で毎年約5000人ずつ増加しているとあり、治療に係る診療報酬の議論だけでなく、透析予防・重症化予防といった「予防」を強化することの必要性に関する委員の発言が印象に残りました。

看保連は
Nursing nowキャンペーンを
サポートします。

Nursing Nowは、看護職への関心を深め、地位を向上することを目的とした世界的なキャンペーンです。世界保健機関(WHO)と国際看護師協会(ICN)が連携し、Nursing Nowキャンペーン理事が運営しています。ナイチンゲール生誕200年となる2020年末までキャンペーンを展開します。
看護職が持つ可能性を最大限に発揮し、看護職が健康課題への取り組みの中心に立ち、人々の健康向上に貢献するために行動します。

会員専用ページ